白ロムを購入して便利に利用しよう【活用して最先端】

smart phone

便利に使おう

白ロムとはどんなものを言うのか

今の携帯電話やスマートフォンは、SIMカードという小さな半導体カードに電話番号などの情報が書き込まれていて、それを本体に差し込むことで電話機能やインターネットが使えるようにできています。機種変更などで使わなくなった電話機本体などから、SIMカードを抜いたものは、白ロムと呼ばれて中古市場で取引されています。 このようにSIMカードのついていない白ロムは、それに合うSIMカードを差し込むことで、電話あるいはインターネットが使えるようになります。中古の白ロムを扱っている業者は、比較的低価格で販売していますので、安い携帯電話を手に入れたい時には、重宝します。また、2年縛りなどの契約期間の縛りもありませんので、好きな時に機種を変えられます。さらに、格安SIMを契約することで、ランニングコストを下げることもできます。

本当にSIMカードだけ差し替えると使えるのか

白ロムを購入して、新たなSIMカードを差し込むと使えるようになるのかと言いますと、携帯電話業者や機種によって異なります。また、SIMカードには標準とmicroSIM、nanoSIMといろいろと種類がありますので、その白ロムに合ったSIMカードでないと使えません。 このようなわけで、中古の白ロムを購入する時には、そこに差し入れるSIMカードが、その機種に合ったものなのか調べてからにします。また、購入したままでは使えずに、一度、携帯電話業者のショップへ持ち込んで何かしらの手続きが必要なこともありますので、このあたりの事情も調べます。 なお、スマートフォンの白ロムにSIMカードを装着しないで、無線LAN経由でインターネットに接続するという使い方もできます。